省エネルギー対策

省エネルギーとは、エネルギーを大切に使うということ

持続可能な生産は、原材料から製品を創り出すもっと前から始まります。資源を守るという意味でいうと、各拠点にある設備もまたその重要な役割を担っています。そういう意味で、わが社の各拠点では、効率的なエネルギー管理にコミットし、エネルギーを継続的に最大利用しています。

設備の近代化により、これまでにCO2排出量とエネルギー消費量を大幅に削減することに成功しています。しかし、定期監査では、さらに改善するための方法を分析するところまではまだ至っていません。

CO2 850メートルトン(年間)

Krumbach拠点では、効率的なエネルギー管理と、様々な近代化設備により、CO2の排出量を抑えられました。

    

CO2 1,120メートルトン(年間)

Vechta拠点では、効率的なエネルギー管理と、様々な近代化設備により、CO2の排出量を抑えられました。

    

電力 223,440 キロワット/h(月間)

Krumbach, Vechta, Langenauの3拠点の生産現場で、熱電気複合利用をしています。

    

3 新ボイラーの数

Krumbach, Vechta, Mollet del Vallèsの3拠点で、より効率的に加熱するために、新しいボイラーを設置しました。

    

588,416 キロワット/h(月間) 廃熱利用

Krumbach, Vechta, and Mollet del Vallèsの各拠点で、毎月廃熱利用しています。

8 モールディング部門の拠点の数

2016年以来、エネルギー監査を個別に実施してエネルギー効率を見直し、改善策を講じています。(Anetz, Huarte, Krumbach, Langenau, Mainleus, Mollet del Vallès, Saint-Sébastien-sur-Loire, Vechtaの各拠点)。

    

19 新しい真空ポンプの数

Langenau, Krumbach, Vechta, Saint-Sébastien-sur-Loire, Mollet del Vallèsの各拠点の生産現場では、真空ポンプをオンデマンドで使用することで、節約に努めています。

    

1,624 新LED照明の数

Krumbach, Vechta, Mollet del Vallès, Huarte, Saint-Sébastien-sur-Loireの各拠点で、低効率の白熱灯電球をLED照明に交換しました。その結果、毎月45,991KW/hの節約になりました。

    

9 電動モーターの数

Langenau, Krumbach, Vechta, Saint-Sébastien-sur-Loire, Mollet del Vallèsの各拠点の生産現場では、電動モーターをオンデマンドで使用することで、節約に努めています。