Aus einem abgesägten Baumstamm wächst eine neue Pflanze

持続可能性

持続可能性とは、明日のことを今日考えることです。

  1. 持続可能性

持続可能性とは、明日のことを今日考えることです。

持続可能性は多くの側面を包摂しています。環境問題、経済的問題、社会問題のいずれであれ、根底にある原理は同じです。それは私たちが、未来の世代が私たちと同等、あるいはよりよい人生を送ることができるような方法で生きることです。Storopackは同族経営企業として、この原理をきわめて重要なこととして捉えています。

だからこそ、弊社が下す決定や日々の活動を導いているのは、この原理であると言えます。私たちは環境や社会に対する責任とともに、自社のスタッフに対する責任についても意識しています。

Im Jahr 2020 sind mehr als 35% unserer eigenproduzierten Produkte aus nachwachsenden oder recycelten Materialien hergestellt worden

2021年、弊社の社内製造製品の33%が再生可能材やリサイクル材から作られました。

„「同族経営のグローバル企業として、弊社は持続可能性を真剣に捉え、それゆえ未来の世代のために、生活の質の維持と向上に重きを置いています。したがって、2025年に向けた私たちの目標は、 原材料の少なくとも50%をリサイクル資源もしくは再生可能資源から調達することです。」“

HERMANN REICHENECKER(STOROPACK会長)

責任とは、明確な価値観に従って経営を進め、原理原則を主導していくことです。

さらなる持続可能性のための3本の柱

同族経営のグローバル企業として、弊社は自身の責任を意識しています。私たちのStoropackビジョン&ガイドラインは、さらなる持続可能性のために3本の柱を支えています。

VISION & GUIDELINES

持続可能で資源節約につながる製品

持続可能なパッケージングとは、各々の輸送品に適切な保護を提供することです。

INTERNE INITIATIVEN

持続可能なパッケージングとは、原材料以外にも目を向けることです。

KOLLABORATIVE INITIATIVEN

持続可能性とは、責任を担うことです。

VIDEOS

Ein statistisches Schaubild wird dargestellt durch Pflanzenzweige auf der Erde

持続可能性レポート

Download
Eine Hand hält eine Glühbirne in der Natur, die von der Sonne erleuchtet wird

「環境」をめぐるFAQ

もっと見る
Ein Fluss durchzieht ein Waldgebiet

PLASTICをめぐる現状

「プラスチックは多くの恩恵をもたらします」

もっと見る

ストロパックジャパン株式会社

神奈川県海老名市社家6-14-8
〒243-0424 海老名
T +81 46-237-3003

info.jp@storopack.com